西田コンサル不動産株式会社

事例紹介

2016年8月19日リフォーム後の戸建賃貸。

賃貸アパート、マンションであれば通常

退去後に貸主様の負担でリフォーム、ハウスクリーニングをして

内覧客へ良い印象を持ってもらい、入居率を高めます。

戸建賃貸は通常、貸主様が居住していたケースが多いため

改装など必要になる可能性がありますが、

「決まる前からコストはかけたくない。」

理由から、貸主様使用後の現状にて内覧をされるケースが少なくありません。

結果的に、第一印象が良くない場合、賃料の価格交渉(値引き)が入ります。

であるならば、いち商品として、多少のコストをかけてでも

グレードアップ後に内覧の方が結果的に良い条件で賃貸借できます。

過去の教訓です。

 

外観側面 - コピー

«   一覧   »

営業時間/9:30~17時 定休日/水曜・祝祭日

TOP