西田コンサル不動産株式会社

事例紹介

2022年9月12日3人兄弟の相続の行方

少し前にお父様がお亡くなりになり(配偶者は既に死去)、3人の相続の相談を受けました。

相続財産は土地(一部コンビニに賃借中)と現金と株式。

長男と次男はコンビニに賃借中の土地(底地)を希望。

長女は現金と株式。

コンビニ用地が角地のため、等価格になるように不動産鑑定士に依頼し、分筆登記をし、無事財産を分けることができました。

賃料についても等分(半々)により分けて相続人が受領することになりました。

簡単なようですが、実は各自にお話しをお聞きし、取り纏めるまでの経緯は簡単ではありませんでした。

長男は大学に行き、下宿まで親にお金をだしてもらったのに次男は高校卒で親の援助なく働いた、長女は結婚資金は自信で出したのに兄二人は親が出したなどさまざまな意見が交錯しました。

親御さんがお元気なうちに、相続時のことは話し合うべきですね。

«   一覧  

【営業時間】平日:9時〜17時30分 土曜:9時30分〜17時 日曜:10時〜17時【定休日】水曜・祝祭日

TOP