西田コンサル不動産株式会社

事例紹介

2020年9月30日思い込みの枠を外す

Y06F016

土地を売却し、相続人に分配するにあたり、大義名分で路線価(相続税評価額)を参考に計算されるケースは少なくありません。

相続人が少人数でしたらよろしいのですが、数十人も見える場合には

更に適正な評価が求められます。

土地の流通性(成約に至るケース)が高ければ、問題ないのですが、

土地の高低差があったり、接面道路幅員が狭かったりすると

必然的に流通性が下がります。

行政によるハザードマップの状況も影響してくるでしょう。

路線価ばかりを基準に行動に移しても、時間と労力とお金のムダになる可能性があります。

その際、当社では不動産鑑定士による適正な評価額を算出して頂いております。

当社が知り得る、周辺の事例や地域の特性を鑑定士の方と共有し協議し、円滑な遺産分割問題のサポートを致します。

思い込みの枠をいったん外し、経験している専門家に相談することが

近道です。

当社は過去に経験をいくもさせて頂いておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

«   一覧  

営業時間/9:30~17時 定休日/水曜・祝祭日

TOP